2011年07月06日

HELIOS 44-2テスト

晴れていると、忙しくて手が空かないしぃ、、、、、
03110706.JPG
E-P1 HELIOS 44-2 2/58  接写リングNo,1 手持ち

01110706.JPG02110706.JPG04110706.JPG

06110706.JPG
ゴミが沢山入ってしまってました(汗)

こんな時は、ボカさなくてはwww。



Helios 44-2、マルチコートのレンズと、シングルコートのレンズが混在
しているらしいのですが、こちらはマルチコートなのかもしれませんネッ。


晴れ間、
07110706.JPG07110706b.JPG


08110706.JPG08110706b.JPG


09110706b.JPG09110706.JPG
こう言ったシチュエーションの場合、開放F2で写す機会って、
 多分めったに無いと思うので、まっ普通に安心して使えるレンズの様ですねっ。

〜〜2011 7 11追記〜〜
11110706.JPG12110706.JPG13110706.JPG

11110706.jpg12110706.jpg13110706.jpg
開放だと若干甘い様ですが、意外だけど、こう言う光線にも大丈夫なんですねぇ〜。
下は上のトリミングです。

戦後のロシアレンズの場合、ドイツから技術者や、材料、設計までもが、
 流れ込んできて、公社によって、ドイツレンズのデッドコピーモノが沢山造られ
 たそうです。しかし同じ機種であっても工場が違っていたり、管理体制など色々な
 ファクター等で、個体差が大きいと言う事のほうが、ロシアレンズの一番の特徴と
 も、長年言われているのも確かで、今一歩残念なことですねっ。
posted by 麗智那 at 16:49| Comment(0) | TrackBack(0) | メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/213541003

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。