2011年07月11日

Grand Prix Brussels 1958@レンズ購入記

ロシアンルーレットpart,3
01110711.JPG
・プラステックケースの中は、、、、、。
・ついつい、何時もの梅田のレンタルBOXへ、、。
・いやぁ〜メデタシメデタシ、オリジナル。

今回のロシアレンズは、1952年に登場したCarl Zeiss JenaのFlektogon 35mm F2.8をベースに、
Vavilov StateOptical Instituteが1954年に設計し、そのレンズ構成は変わらないまま、現代へと
受け継がれたレンズだそうです。ちなみに”1958年にベルギー・ブリュッセルの万博で、グランプリ
を獲得”したと言う過去の名誉も有るらしく、期待できますかなぁ〜。

<<レンズ名>>
MIR-1B (МИР-1B) 37mm/F2.8 (M42マウント)シリアルから1986製造
1986年にLOMOから独立した、Vologda Optical-and Mechanical Plant(VOMZ)製造

〜いやいや〜
発見した時は、ピントリングが重かったら買わないでおこう。絞りリングが重かったら
ヤッパリ買わないでおこう。絞りに油がしみていたら、買わないで、、、、。

と、手に取る前に、自分に言い聞かせておいたのになぁ〜


今回のМИР-1B、外観綺麗!操作性バッグン!but残念なことに、前玉小傷少々という
コンデション(くもり&カビ無し)de、デザイン的にも完全にノックアウト!

試写(МИРとは、"平和"と言う事らしい)

15110711.JPG
E-P1 МИР-1B 2.8/37 手持ち

09110711.JPG10110711.JPG11110711.JPG


12110711.JPG14110711.JPG16110711.JPG

13110711.JPG
レトロフォーカス型広角レンズであるМИР-1B 2.8/37。
確かな手ごたえが、期待できそうなレンズである。
写りに関係しない程度の小傷が残念だけど、試写の
結果を見れば、そんな事どうでも良い事に思えてきた。
レンズの外観が新品の様に綺麗なので、製作段階で
付いた傷なのかもしれませんねっ。

08110711.JPG
接写リングNo,1を付けての撮影、f2.8手持ちです。

、、、、ロシアレンズの酷評が嘘ノヨウデスねっ。


<評価>
インダスター50mm f3.5があまりにも、個人的には気に入らなかったので、ロシアレンズは
こんな感じ(どうせ、コピーだろうし)なんだろうと高を括ってました。前回買った、
HELIOS-44-2 2/58と言い、今回のМИР-1B 2.8/37と言い、手放せないレンズに成りました。
posted by 麗智那 at 22:05| Comment(3) | TrackBack(0) | レンズ購入記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。
またまた、発掘されたようですね。
昨日、私も休みでしたのでBOX屋に行ったのですが、どこにあったのか???です。(^^;
手放せないレンズが増えているようですね。
あ、リンクの件、お礼が遅くなりました。m(__)m
Posted by Malu at 2011年07月12日 22:01
Maluさん>BOXの奥深く鎮座されてましたょ〜。

あのお店、どの店員さんとも話しやすいし、
面白そうなのも沢山有るし、行くのがヤバイです。
価格は、ヤフオク価格に近い感じで、値ごろ感的には
少ないですが、珍品が手にとれて買える強みは、
ネットでは無理ですからねっ。

ツァイスのパンカラー50mm f1.8や
タクマー35mm f2.3と、このミール1bは此処で
買ったんですょねっ。ホント良いお店を紹介
頂いて嬉しい悲鳴っす。

相互リンクもお願いいたしますネッww。
Posted by 麗智那 at 2011年07月13日 00:08
初めましてアキオと申します、このレンズのシルバーを持ってます、使い難さはありますがオールドレンズらしい描写は素晴らしくロシアのレンズはもっと評価されても良いとおもいます。
リンクさせて下さいよろしくお願いします
Posted by アキオ at 2016年06月15日 13:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/214362835

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。