2012年05月16日

サボテンが先か、カメラが先か?

01120516.JPG
E-P1   CISKOL Anastigmat 1:3.5 f=80mm 手持ち

02120516.JPG03120516.JPG04120516.JPG

多分、フイルムカメラのままなら、続かなかっただろう、、、。

多分、サボテンの栽培記録をやってなかったら、、、、、、、。

多分、、多分、、、RAW現像しての写真だったら、もう少し綺麗だったのだろう、、、、。

でも、お気軽に、色々楽しむのもデジタルの良い所だろうから、それを最優先で!!!



難焦点レンズ

今回の、CISKOL Anastigmat 1:3.5 f=80mmは、収差を補正したレンズ!ですぅ、、なんて
言いはなってる割には、f値開放では、まるで靄が掛かったようなソフトな画像で、オマケに
ピントが危うい(カッチリとしたピンとは無い)。勿論ピンと合わせは、し難いレンズなので、
ついついF5.6辺りに絞ってからでないと、すんなりとしたMFなんておせいじにも出来ないww。

、、でも、もっと使わないと(汗)

、、、、、、、、、、普通に綺麗な画像、、、、、、、、、

、、、、、、、、、、、、、、、、、。
posted by 麗智那 at 14:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 生物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。