2012年06月13日

どこまで許容範囲なのか@レンズ購入記(コンバーション)

01120312.JPG
※SANKYO KOHKI KOMURA TELEMORE-ZOOM 2X⇔3X、、、接写リングではなくて、レンズ玉が
 内蔵された、所謂テレコンバーターの一種です。オマケにズームも出来るんですょ〜。
r04120612.JPGr05120612.JPG
・デフォルト位置で、接写リングNo.3とほぼ同じ長さ。
・ズームさせた長さは、接写リングNo.3とNo.2を足した長さ程度に銅鏡が伸びます。

・何時ものように、相当曇り玉でしたが、ヘリコイド付き接写リングの変わりにでも
 使えるんじゃない?で購入してしまいました。

、、、が。

その画質は、、、。

r07120612.JPG
※S-M-C takumar 28mm f3.5を、カメラにリバースで取り付け、f8で撮影した結果です。
 結構綺麗な画質にビックリですねっ。ちなみに、目の白い点は、0.2mm程度の大きさです。


※SANKYO KOHKI KOMURA TELEMORE-ZOOM 2X⇔3Xにて。
r08120612.JPGr09120612.JPG
・テレモアーズームのレンズを外し、一番長い状態にし、先ほどのS-M-C takumar 28mm f3.5を
 リバースにて付け撮影してみました。一番気に成る画質ですが、なんだか変ですねぇ。


※接写リングにて。
r10120612.JPGr11120612.JPG
・接写リングMo.3+No.2に、S-M-C takumar 28mm f3.5をリバースに取り付けての
 撮影です。今度は綺麗な画質なので、画像素子から、レンズ面の長さ等の影響では無さそうです。

r12120612.JPG
接写リングと比べると、どうやら
銅鏡内部が細い様子です。どうも
これが原因で、ケラレていたのでしょう。

、、使えないジャン


※これでは、駄目なので、レンズを掃除(結構綺麗に成りましたが、小さい塵や、変色は、、)。
r13120612.JPGr14120612.JPGr15120612.JPG
・takumar 105mm f2.8を付けての撮影です。決して良い画質とは言えませんが、
 この時代 こんな感じだったのでしょう。

r06120612.JPG
このテレモアーズームですが、普通に取り付ける
場合でも、制約があり、赤丸で示した物が有ったり
特に!ピンが長いタイプは、安心して装着できません。

付けられるレンズが、相当数限られるますねぇ〜。


r02120612.JPGr03120612.JPG

※普通のタイプのコムラーテレモアーと比べて見ました。なるほど、自動絞りに対応していな 
 と言う事ですネッ。まっ!しかし黄色く変色したレンズだ事。ところで、右手のテレモアー
 は、結構綺麗なレンズで、まぁまぁ使える画質が得られます。

・たしかに珍品だとは思うのですが、また箪笥の肥やしが増えてしまいました。

〜〜使えねぇ〜〜

posted by 麗智那 at 14:29| Comment(0) | TrackBack(0) | レンズ購入記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。