2013年05月30日

OLYMPUS STYLUS XZ-2 レビュー

≪今回はOLYMPUS STYLUS XZ-2最終報告≫

r04130531.JPG
XZ-2 トリミング

コンデジのイメージは、画質的に見てもボケが少ない上に、レンズが暗い。
プログラムシフトは元より、カメラ任せのフルオート故、あまり楽しめない。
などネガティブなイメージが濃いです。が、ネオ一眼と言われる高倍率光学
ズーム付きデジカメは、野鳥ファンの人等に人気絶大であったり、小型コン
デジは多くの婦女子に人気だったりするのも、事実だと思いますし、画質的
には600万画素時代とは、雲泥の差と言える、昨今となりました。

追記

r01130531.JPG
〜外観からみた、OLYMPUS STYLUS XZ-2〜

・USB充電
意見が別れる処ですが、モバイルバッテリ充電池が出来たり、iPhoneやiPadの
モノも使えます(配線はOLYMPUS専用使用)。ただ家庭用100Vコンセントから
充電した場合でも、満充電には5時間掛かると言うことと、充電中は撮った画像
やムービーは閲覧できますが、撮影などは一切できません。あとPcとデーター
のやり取りをし、その後、差したまま充電ができますが、充電時間はPcの性能
如何となります。

・操作ボタンその他
再生ボタンは長押しですが、主電源は敏感です。録画ボタンも微妙な位置で、
慣れた今では、誤操作しなくなりましたが、購入当初は知らない間に録画モ
ードを連発してました。が、その他のボタン配置は絶妙で、操作感覚もなか
なか良い感じです。ただ、、、電池ボックスの止めが緩いのか、形状が悪い
のか、其れともその辺りに指を沿わす僕が悪いのか、知らず知らずの内に
蓋が、開いたりします。

r02130531.JPG
〜使って見えて来た、OLYMPUS STYLUS XZ-2〜

・アートフィルタ
11種類(二種類に別れてるものも)、それに枠をつけたり、効果をつけたり、
色々絡めると、すごい種類になります。ブラケット機能にこれを割り当てる
と、ワンショットで、数種類のフィルター効果を写し込めることが出来ます。
一寸書き込み時間が長く成るのは頂けないかもしれませんが、逐一フィルター
設定を変えて、、、と思うと、良いじゃないですかぁ。ちなみに、タイマー
機能や、ブラケット機能、連写機能などとは、同時使用出来ません。

・デジタルテレコン
画質を考慮しての2倍です。よって余程厳しい目で見ない限り、許せそうな
感じです。時に、デジタルテレコンですが、望遠側112mmを越えた場合から
発動されるのでは無く、シームレスにどのズーム域でも、ボタンを押せば
デジタルテレコンが楽しめます。

・ボケ味等、、、
一般的にコンデジのレンズは絞れば解像度が落ちる、極端に言えば、開放
時で一番キレが良く、絞り込む程に解像度が落ちると僕も思ってきました。
が、、、XZ-2の見た目から大きいレンズは、伊達では無い様子です。NDフィル
ターも任意で設定出来る事から、明るいf1.8のレンズが晴天時でも活かせま
す。コンデジのNDフィルターは、自動設定な場合が多い中、良い仕組みです
ねっ。

ボケ味は、112mm f2.5が、撮影最短距離20cmで写せるのですから、前ボケ、
後ろボケを上手く絡められれば、バッチリ良いです。スーパーマクロ1cmも
24mmではなく、あえての28mmなのが、使いやすい焦点となっています。
それ以上にf1.8なのですから、文句は言え無いと思います。デジタルテレコンも
使いこなせば、キット楽しい撮影になるでしょう。

r03130531.JPG
〜アクセサリー〜

電子ファインダー、外部フラッシュ、コンバーションレンズなどなど豊富
に用意されて、それを又使いこなす楽しみも用意されてます。一眼のサブ
に使う場合は、必要無いと思いますが、これ一台で!!!と言う人は買い
でしょう。ただ、このXZ-2液晶パネルが、タッチ仕様と成ってますので、
それ優先だと、ファインダーは、、、、、?

アクセサリーではないのですが、このカメラ、、GPS機能そしてWiFi機能
が有りません。FLASH AIR対応SDカードには対応しているので、そのカー
ドを使えばWiFiでつないで、楽しめるのですが、その辺が少し最近の機種
として、残念ポイントですねっ。

r05130531.JPG
〜良い所、悪い所、、、〜

ネットなどで検索すると、多くの人の意見を垣間見れるのですが、使い
こなしていないのに酷評しておられたり、、、勘違い評価をされてる人も
しばし、、、。これも多機能カメラ故の哀しいサガでしょうか?

r01130518.JPG
〜小ネタ〜

OLYMPUS XZ-2ですが、同OM-Dに搭載されている画像処理エンジン
Truepic VIにより制御されています。操作性もPenやOM-Dに付随したもの
となってますので、Penを使ってる人は馴染み易いでしょう。

最後に、僕の酷評は、電池BOXのユルイ蓋と、フィルター枠の溝の無いデザインの2点です。


posted by 麗智那 at 19:41| Comment(0) | TrackBack(0) | まとめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。