2013年07月02日

XZ-2レビュー その2

r01130518.JPG
オリンパス XZ-2 絞り開放


いろんな候補の中から選ばれたXZ-2

 今日は、違う角度から見直して見ましょう。


追記

<<選んだgoodポイント>>
・手動NDフィルター
 今時コンデジには、標準搭載の機能のNDフイルターですが、稀にこの
 機能が付いてない機種が有ります。付いてないと、折角の大F値が生か
 せない場面もしばし、、。あと、自動制御の場合、暗い時にシャッター
 スピードを、思うようには落せません。

・ティルト液晶画面
r02130624.JPG
この中の花を効果的に写したい場合、
絶対に、可動式液晶画面じゃ無いと
写せませんょねっ。
 ウエストレベルファインダーの様な感じでも、写せますしぃ。

・デジタルテレコン2X
r06130530.JPG
広角側最短距離約1cm、これにデジタル
テレコン機能を使い撮影しました。F値
は絞ったと思いますが、なかなか綺麗。
 このデジタルテレコンは、如何なる焦点でも使えるので、思いの他便利です。

・連写機能  
r02130622.JPG
色んな制約は有りますが、秒間15コマ!
きっと使いこなすと面白い、、、
かも知れませんねっ
※連続は60コマまで
 色んな制約のどれか一つでも外れると、この機能を選ぶ事が出来ません。
 取り説にも詳しく書いてないみたいだし(探せば有るのか?)、、、。

・高画質
o01130521.JPG
コンデジとは思えない位、精密な
写真が取れます。しかし、開放Fは1.8
と大きいので、稀に柔らかすぎる時も、。
 シャープでコントラストが有り、収差も良く補正されて、十分優等生
なのですが、オールドレンズ好きな者から言わせれば、面白みに欠けるとも。


<<bad points>>
・電池の蓋が、開き易い!!!
 ほんま、知らない内に指が当たる様子で、必ず一日一回は開いてます。

・本体サイズ
 お散歩カメラでは許せる範囲なのですが、自転車ポタリングの場合、
 一寸気後れする時が、、。

・電源ボタン
 電源onでレンズが出れない時、レンズが途中で止まってしまいます。
 再起動は一々電池を出し入れしないと駄目の様子で、邪魔臭い。
 再生ボタンは長押しなので、電源ボタンも長押しにして欲しかった。

・偶に暴走www
 シャッターが2回落ちる時が、、。極々稀なのですが、他が完璧なので、
 なおさら許せない。

・シーンモードのHDR逆光補正
 この機能、何枚かの写真を合成して、逆光を補正すると言うモノなのですが、
 シャッター音が一回しか鳴りません。、、、使えない理由判ります?
 あと、このモードとタイマー機能とは一緒に使えない様子ですが、、。

・フレアー

 レンズが大きい為か、斜めからの強光源でのフレヤーが、起こり易いです。
 コントラストなども、可也落ちるので、その辺りが今一。
 別途フードなど色々なアクセサリーが用意されてる様子ですが、コンデジ
 なので、使いたくないなぁ〜(デジ一やマイクロフォーサーズだと足すのが
 面白いけど、、。)。

・取り説
 スーパーコンパネ、連写、、などなど細かい記述が不足してます。
 このXZ-2がコンデジ始めてなのぉ!!!等と言う人が買ってしまったら、
 多分使いこなせないだろうと思います。
 そもそも、デジタルテレコンは、初期設定では OFF に設定されています、って。

<<おっ!な機能>>
・アートフィルタブラケット。
・タッチピント、タッチシャッター(稀にAFが迷う)。
・スーパーコンパネのタッチ操作
・カスタムモードが、2種類決められる。
・MF操作が、前のリングor後ろのリングでも操作できる。
・全体的な操作がpenやomdに通じる。

r05130618.JPG
今まで、こう言ったアングルの写真は写した事が無かったので、それだけ
でも収穫だと思う。ただ、幾らボケが綺麗だとか、マクロが手軽だとか
言っても、まだまだコンデジの範囲内からの脱却は出来ていないとも、、。
特に標準単焦点レンズには太刀打ち出来ないモノとお見受けします。
望遠側も、ボケに関しては、マダマダ、、と言うか、そこまで求めたら
過酷ですょねっwww。ただ、広角側は、なかなか検討してると言っても
過言では無いかもしれません。下手したら、見極めも出来ないほど綺麗な
写真が、撮れる時が有るそうですので、これからも使いこなして行きたい
思います。



posted by 麗智那 at 00:16| Comment(0) | TrackBack(0) | メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。